ライフハック.net

GoogleウェブマスターツールでXMLサイトマップを送信・登録する方法

Googleにインデックス登録されるよう、サイトの目次を作ってリスト化したものをXMLサイトマップと言います。

前回の記事では、WordPress(ワードプレス)でGoogleサイトマップを送信・登録する方法を説明しました。

サイトのXMLサイトマップを生成したら、Googleウェブマスターツールから送信、登録します。

スポンサードリンク


Googleウェブマスターツールにサイトを追加する

Googleウェブマスターツール管理画面から、「サイトを追加」ボタンをクリック、URLを入力するとサイトが追加されます。
あなたが所有し管理しているサイトであることをGoogleに証明するために、まず「所有サイトの確認」が必要となります。

「このサイトを確認」をクリック
gsitemap07

所有サイトとして確認する方法にはいくつか種類がありますので、その中から、いずれかの方法をひとつ選びます。

Google アナリティクス アカウントを使用
HTML ファイルをアップロード
HTML タグ メタ タグをサイトのホームページに追加
ドメイン名プロバイダにログイン
Google タグマネージャ アカウントを使用

選んだ項目の指示通りに(確認ファイルをアップするなど)してから、「確認」ボタンをクリックし、確認できればOKです。

サイトマップを送信する

所有サイトの確認が済んだら、次にサイトマップを送信します。

  1. ウェブマスターツールのホーム画面で、サイトマップを送信したいサイトURLをクリック
  2. gsitemap01

  3. 「サイトマップがありません」をクリック
  4. gsitemap02

  5. 「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリック
  6. gsitemap03

  7. 「sitemap.xml」と入力し「サイトマップを送信」ボタンをクリック
  8. gsitemap04

    ※「sitemap.xml」が基本ですが「sitemaps.xml」等の場合もあります。ご自身のサイトのサイトマップURLを確認して下さい。

  9. 「ページを更新する」をクリック
  10. gsitemap05

  11. こんな感じのグラフが表示されればOK(グラフはサイトの構成により、赤青2本になったりもします)
  12. gsitemap06

XMLサイトマップを送信してしばらくは「保留」と表示されますが、しばらく経ってインデックスに登録されれば登録されたページ数が表示されますので楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top