ライフハック.net

メールアプリmyMailでiCloudが設定できない場合の解決方法

スマートフォンで複数のメールアドレスを管理するのに便利なのが「myMail」というアプリです。
『myMail – Free Email Manager for Yahoo, Gmail, Hotmail, Outlook, Live, MSN and AOL Mail』というタイトル通り、メジャーどころのメールサービスを全て登録して一括管理できる優れものです。

myMailアイコン

メールの着信をリアルタイムにプッシュ通知してくれますので、携帯メール同様にタイムラグなく確認することができます。
Webメールだと、メールが来たことがリアルタイムに分からないのが普通ですが、このアプリを使えばその点は大丈夫ですね。
メールアカウントごとに通知するかどうかの設定もできます。

iPhoneではiOS標準の「メール」の代替アプリで非常に高機能です。
Androidスマホでの利用者はかなり多く、評価も高いのでAndroid、iOSいずれも安心して使えると思います。

完全に無料で使え、無制限にアカウントを追加、管理できるのもありがたいです。

詳しい設定方法はこちらのサイトを参考にされると良いと思います。
↓↓↓
iPhoneの自動メール振り分けアプリ「myMail」が便利
スポンサードリンク


myMailからiCloudにログインできない認証エラー

iPhoneを使うにあたって「myMail」は複数のメールアドレスを管理するのにとても便利なアプリなので愛用しているのですが、ある日突然iCloudのメアドにログインできなくなってしまいました。

myMailからiCloudにログインできないエラー

AppleIDとiCloudのパスワードは同じのはずだし、どうなってるんだー?(゚Д゚)

何度試してもダメなので、仕方なく元々のメールアプリをしばらく使っていました。
ところが純正のメールアプリだと通知が来ないんですよね。

私は格安SIMにMVNOで移行してからiCloudのメールアドレスを携帯メールアドレスとして使っています。
リアルタイムに通知が来ないと必要なメールを待っているときなどこまめにチェックしなくてはならず、とても不便に感じていました。

やはり「myMail」を利用したいと思い調べたところ原因がわかり解決できましたので、ここに対処方法をメモします。

突然ログインできなくなったのはAppleのセキュリティに2ファクタ認証が導入されたことによる影響だったようです。

AppleIDで「App用パスワード」というものを作成し使用することでログインできるようになります。

myMailからiCloudにログインする方法

AppleIDの管理ページにログインします。パスワードはAppleIDとiCloudのものは共通です。
2ファクタ認証でログイン通知が来ます。
↓↓↓
AppleID管理画面

セキュリティをタップ
AppleIDの管理ページからセキュリティをタップ

AppleIDの管理ページからセキュリティをタップ

App用パスワードの「パスワードを生成」をタップ。

App用パスワードの「パスワードを生成」をタップ。

「パスワードのラベルを入力」のところに好きな名前を付けます。
このラベルは、自分で管理するための名前なので何でもかまいません。
私はわかりやすいように「myMail」と付けました。

App用パスワードの「パスワードを生成」をクリックし、「パスワードのラベルを入力」のところに好きな名前を付けます。

「作成」をタップすると、自動的にパスワードが生成されます。
ちょっと長めのパスワードが出来上がりますので、このApp用パスワードをコピーしてmyMailに入力すればログイン完了です。

App用パスワードをコピーしてmyMailに入力すればログイン完了

パスワードの生成はPCからでも可能ですが、iPhoneで作成すればそのままコピペ出来るのでスムーズですね。

他のアプリにも別のApp用パスワードを複数作成出来て、やり直したい場合にも簡単に削除できます。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top